money
大切なお金の話

みなさんよりご相談いただく、
お困りごとランキング トップ5

資金計画について

何と言っても、やっぱり気になる資金計画のこと

土地の選び方

土地は、2つとして同じものがない!これを理解することから、始めましょう。

家づくりの流れ

設計が始まる前にも、たくさん検討することがあるんです!

家の間取りを考えるとき

人を家に合わせるのではなく、家を人に合わせる

どこと一緒に建てるべきか

まずはご自身の個性や家造りに求めることを整理することから

資金計画について

ご自分が、どのくらいの住宅物件を購入できるのか、
把握することから、始めましょう。

FPシュミレーションの”見える化” 例①
マイホームの物件購入可能額の検討シュミレーション

そもそも自分がどれくらいの住宅物件を購入できるのか、事前につかんでおくことは大事ですね。
今の収入ならいくらまで借りられるかという金額と同時に、毎月、無理なく返済できる金額という観点からも考えておきましょう。

FPシュミレーションの”見える化” 例②
「賃貸」と「持ち家」、障害の住宅コストは?

生涯ずっと賃貸住宅で生活した場合と、持ち家を購入してそのままの家で暮らした場合の「生涯の住宅に費やすコスト」を比較してみよう。
賃貸住宅の場合には、物価上昇に伴う家賃水準の変動にも気を配る必要があります。
また、世帯主に万が一のことがあった場合、賃貸と持ち家でどのような違いがあるかにも注目。

FPシュミレーションの”見える化” 例③
人生のキャッチュフロー上の最適購入時期(可処分所得最大化)の検討

今、買うのがよいのか!?それとも、頭金を貯めてから買った方が得なのか!?
最適購入時期を検討するために、どちらがお得がFPシュミレーションで”見える化”します。
頭金は確かに多い方が良いですが、むやみに増やせばよいというだけでも無さそうです。
金利や物価の変動、また、定年時の残債状況など様々な視点に気を配りながら、何が自分にとって一番有利なのかをFP的に検討していきます。

今建てるのがいいの?
それとも頭金を貯めてからがいいの??

比較してみよう

▲クリックで大きな画像をご覧いただけます▲

土地の選び方

土地購入の注意点

土地を見る前に・・・
判断基準を持ちましょう

土地には、2つとして同じものはありません。土地は作ることが出来ないからです。
だから、満点の土地に出会う事は非常に難しいのです。
理想の土地を探し続ける…のも良いのですが、こだわりの条件を7割満たす土地があれば、買い時です。土地は70点で合格なのです。
だからこそ、譲れない条件をしっかりと決めてから土地探しに行きましょう。

さぁ、土地探しに・・・
多くの物件を見て下さい

土地情報は一般の方の眼に触れる前に必ず業者に出回ります。
業者の中で十分に査定されてから、ようやくお客様の前に情報が現れます。だから、決して掘り出し物はありません。「これは安い!」と思ったら、ちょっと疑いましょう。必ず何かあります。
ですから、納得いく物件が見つかるまで、とにかく多くの物件を見て下さい。地道にたくさんの物件を見ていくことが、良い土地と出会う近道です。私どもも納得のいく土地が見つかるまで、トコトンおつきあいさせて頂きます。

良い土地が見つかったら・・・
ちょっと待った!
その土地に理想の家は建てられますか?

土地には様々な制限がかけられています。
「買ったは良いけど、思っていた家が建てられない」
なんてことがないように、気になるところがあれば、どんなことでも私たちにお聞かせ下さい。

この土地で問題なさそうだ・・・
実はライバルもその土地を狙ってます

土地探しはあまり好みに左右されません。「良い!」と思った土地には、皆にとっても「良い」土地です。
「良い!」と思った土地が見つかったらすぐに購入出来るように、予算と条件を決めておきましょう。
迷っていたら誰かに買われてしまいます。
納得いく土地が見つかったらすぐに意思決定をしましょう。

家づくりの流れ

資金計画、土地探しから、はじめましょう!
プランニングは一生に関わります。

  • 資金計画
  • 建設予定地の決定
  • 敷地調査(申し込み)
  • 敷地調査報告・設計ヒアリング
  • パーソナルプラン・概算見積提示
  • 実施設計申し込み
  • 設計打合せ
  • インテリア打合せ
  • ご契約ここからが私たちとの本当の商いのスタートです!
  • 地鎮祭・着工
  • 上棟式・上棟打合せ
  • 工事期間
  • 竣工
  • 施主検査・役所検査
  • お引渡し
  • アフターサービス

家の間取りを考えるとき

人を家に合わせるのではなく、家を人に合わせる
どんな、暮らし方をしたいから、一緒に考えましょう

間取りってどうやって考えればいいの?

信頼できるプロに任せましょう。

アンビエントホームでは、お客様だけのオリジナルプランをお造りする際に『設計ヒアリング』を設計士同席で行います。
部屋数はいくつで、広さがこれくらいで…といったことはあまりお伺いしません。お家を計画するうえでとても大事なことは、まず『どんな生活がしたいか?』です。
家に合わせて無理やり住むのではなく、お客様の体に合わせた家を造りましょう。

お客様の家に対するイメージ、想い、趣味、生活スタイル、好きな色などなど。制限を設けず、想い描くすべてをお話下さい

プラン提示の時には模型も登場します

人を家に合わせるのではなく、家を人に合わせる

これが私どもの家造りの原則です。
私どもは規格商品を作りません。
いわゆる『自由設計』という、基本プランに追加・変更を加えていく手法では、本当に住む人の立場に立った家造りができないからです。
性能を保証しつつイメージ通りの家を造るには、図面の線一本からオリジナルであることが必要なのです。

あなたの描くイメージに
    制約をもうけないこと。

私どもの仕事はこの言葉に尽きます。自由に描かれた一本の線。
その線の先に、あなたの満足できる家があると信じています。

世界には様々なスタイルのお家があります。その中から、『~~風』といった形で日本の住宅にも流行りがあります。私どもは流行を追うのではなく、何年経っても飽きのこない、シンプルでありながら住む人の個性が光る、そんな家造りを心掛けています。

どこと一緒に建てるべきか

多数の業者から選ぶのは至難の業ですよね・・・
ご自分のやりたいことを整理することから、
業者選びは始まります。

施工業者ってどうやって見つければいいの?

ご自身のやりたい事を整理しましょう。

世の中には様々な建築業者が存在します。ハウスメーカー、工務店、設計事務所等、なんと全国の建設業許可業者数は5,000,000業者あると言われております。
このように多数の中から1社を選ぶのは至難の業です。
ただ何となく気になる会社をあったっていくよりも、まずはご自身の個性や家造りに求めることを整理し、ご希望に合致した会社を数社絞ってから話を聞きに行けば、合理的で賢い家造りができます。

あなたの家庭と将来を真剣に考え、何でも相談できる、家族の一員となれるような良きパートナーが見つかれば幸せですね。

住宅の分類と特徴

依頼先の候補

アンビエントホームの家造りは、
建築家と工務店のいいとこ取りをしたシステムになっています。