ZEH
ZEH対応

ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)とは?

住宅の1次エネルギー消費がおおむねゼロになる住まい

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げ、
太陽光発電などで創エネする事により、年間の1次エネルギー消費の収支をゼロにする住宅です。
温室効果ガス削減に貢献でき、地球環境に優しい暮らしを目指し政府では2030年までに標準化を、目指しています。
立山建設では、この(ZEH)に対応できる高断熱・高気密・健康的な計画換気システムを、導入しZEH基準の(UA値0.6以下)を標準化します。
※ZEHは、光熱費ゼロとは、違います。
1次エネルギー消費量
省エネルギー
創エネルギー
0
ゼロ

省エネルギーについて

point1 断熱(性能)について

断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする家づくりが大切です。
断熱性能 UA値 0.6w/m2・k以下
立山建設では、0.5w/m2・k以下で、
少ない創エネルギーで、ZEH対応を考えています。

point2 省エネルギーについて

家で消費する電力量を減らす為に、省エネ性の高い機器・照明を取り付けます。
立山建設では、LED照明・エコキュート・第1種換気システム等を導入しています。

point3 創エネルギーについて

家で消費するエネルギーを創る機器を取り付けます。
家の断熱(性能)によって、取り付ける機器の規模が変わります。
立山建設では、家の断熱(性能)にこだわり、最小限の創エネ機器の取り付けを推奨しています。

ZEHの注意点

■1次エネルギー消費量を減らすた為にオープンなプラン(間仕切り壁の少ない)が計画しにくい
■エネルギーを創ることが目的になりがちで、大容量の太陽光パネル等を重要しがちになる。

まとめ

■パッシブデザインを取り入れ、コストをかけずに省エネの住宅づくりを行う。
■ZEHの断熱性能(0.6w/m2・k)を大きくクリアでき、今後性能値の変化にも対応できる住宅をめざしましょう。