家づくりへの思い

CASA  の家づくり

お客様の家は世界で一つだけの家

design

建築家の必要性
01
CONCEPT
人を家に合わせるのではなく、家を人に合わせる

これが私どもの家造りの原則です。私どもは企画商品を作りません。いわゆる『自由設計』という、基本プランに追加・変更を加えていく手法では、本当に住む人の立場に立った家造りができないからです。性能を保証しつつイメージ通りの家を造るには、図面の線一本からオリジナルであることが必要なのです。

あなたの描くイメージに
制約をもうけないこと。

私どもの仕事はこの言葉に尽きます。自由に描かれた一本の線。
その線の先に、あなたの満足できる家があると信じています。

世界には様々なスタイルのお家があります。その中から、『~~風』といった形で日本の住宅にも流行りがあります。私どもは流行を追うのではなく、何年経っても飽きのこない、シンプルでありながら住む人の個性が光る、そんな家造りを心掛けています。

02
CONCEPT
アトリエ建築家による、デザイン化されたプラン
  • 質の高いプランを、より安く、そして造り手が造りやすい家ではなくお客様が住みたい家を提供する為に、私たちは自社設計を行いません。
  • 年間棟数が20棟に満たない規模の会社ではスキルの高い設計士を常時雇用すると固定費が高くなってしまいます。プランの実費のみを支払う方が結果的に安くなるのです。
  • また、設計はお客様に気に入って頂いて初めて仕事となります。「とりあえず」・「たたき台として」というようなプランはお出ししません。
  • 最後に、パターン化(前と同じ)やマンネリ化効率化を求め、お客様をないがしろにしてしまうことを防ぐ意味でも、社外の設計の方が自由な発想と遊び心を最大限に生かせるのです。
03
CONCEPT
設計ヒアリング・パーソナルプランの提示

お客様だけのオリジナルプランをお造りする際に『設計ヒアリング』を設計士同席で行います。

部屋数はいくつで、広さがこれくらいで…といったことはあまりお伺いしません。

お家を計画するうえでとても大事なヒアリングでは、まず『どんな生活がしたいですか?』からはじまります。

お客様の家に対するイメージ、想い、趣味、生活スタイル、好きな色などなど。制限を設けず、想い描くすべてをお話下さい。

quality

暖かく・涼しい家
04
CONCEPT
優れた品質・性能
頑固なまでに性能にこだわる理由は一言、住んでいて「楽」なんです。
寒い夜、電気毛布に毛布・厚手の布団や羽毛布団で完全防備しないと寒くて寝れない。又、トイレまでの廊下は外気温と変わらない温度で、身震いしながら行った事はありませんか。
その解決策が、家の性能を上げることです。

せっかくの新築住居において、以前のアパートより寒い「失敗した」と後悔しても、後で断熱や気密もきちんと施工する事は、10倍ほど費用がかかってしまいます。
まずは、贅沢な部分を少し我慢して、その費用を断熱・気密に移行してオープンな空間の中で、
どの部屋に行っても室温の差が少なく体に負担を掛けない住まいづくりこそが、理想ではないでしょうか。
光熱費においても、35年間で約200万円も得する事はご存知でしょうか。
室内空間の中で、寒さ・暑さを我慢しない、快適な住宅を追及しています。

good price

安心・コスト
05
CONCEPT
適切な価格
お客様にとって、どの様にして家の金額は決めていらっしゃいますか。
ビルダーからの、見積金額で銀行融資も大丈夫だったから何となく安心して・・・それって本当にローン返せますか。
子供の教育費を甘く見ていませんか、一例ですけど私立大学理工系下宿だと、年間400万円程度かかります。
又車の購入はどうしますか。

かかる費用を、きちんとプランする事を、ライフプランシュミレーション(LPS)と言います。
LPSで、85歳までのプランを行った結果、初めて家の価格と土地購入の価格が決まってくる事が、Low Priceにつなげる第一歩と考えます。
ただ単に、広い坪数の家を安くする事が、ローコストと考えていませんか。

建築家を通して、限られた予算の中でお客様にとっての、理想の無駄のない家を実現する事が、Good・Priceだと思いませんか。
家を造ってからが、楽しい生活なのに、ローンに追われる家づくりだったら後悔しますよね。
趣味や旅行ができるライフプランで、より良い家づくりにお手伝いする事を、社員一同笑顔で頑張ります。
最後に20年・30年後にメンテナンス費用を軽減できるデザイン(仕様)についても、追及していきます。