コンセプト

人が心を込めて作り上げる物や形にはぬくもりがあります。
そして、本物にしかわからない味わいがあり、つくり手の心が表れます。
私たちは家づくりの担い手として、"住まうオーガニック"を提案します。

その土地にふりそそぐ太陽のあたたかい光やながれ吹く風、
自然の恵みを生かしたパッシブな設計
住む人の健康を守り、豊かな感性を育む快適な性能
エネルギーを最小限に抑え、永く住み継がれる、地球にやさしい住まい

子供たちの未来に豊かな暮らしを残したい私たちの想いが
"未来につなげたい家づくりプロジェクト"を立ち上げました。

目的

『子供たちに豊かな未来を残す。』

我々の専門分野である住宅で豊かな未来を残すためには
常により良い家づくりを追求しなければいけない。
そのために、同じ志を持ったメンバーを集め、最新の知識を勉強し、
お互いに切磋琢磨し、情報を共有する場を作る

『パッシブハウスとは?』

自然の力を利用して、少ないエネルギーで、ガマンしない暮らしができる
超省エネ住宅です。

スタッフブログ: 7月 2018

ハウスデオーガニック 7月研修② 2018,7/31

 

2日目は、

東京の森美術館で開催中の

「建築の日本展」に

行ってきました。

 

東京オリンピックで話題の

隈研吾さんの作品も。。

 

木の時代が又来ると

TVでもおっしゃていた通り

木の温かみを残しつつデザイン性もある

作品ですよね。

 

他にも、

色んな作品がありました。

 

 

ハウスデオーガニック 7月研修・講演 2018,7/30

 

 

一日目は、東京大学大学院教授

前 真之 先生の講演でした。

先週は、kknグループで

復興住宅の温熱性能や

保育園の断熱施工による

夏場の室内の温度分布を

以前の建物(断熱をあまり考えてない)

との比較が、

室内環境がいかに違うかを

講演していただきました。

 

今回のテーマは

「人類と歴史と気候」

最初に、NHKスペシャルの

人類の誕生のビデオをもとに

解説して頂きました。

 

原人の体毛が合ったせいで

暑さに対応できずに消滅、

ネアンデルタール人で

体毛がなくなり

夏には対応したが道具を使えず消滅。

新人の私たちの祖先は

道具を使用し、

さに衣服を着ることで

温熱に対応し

現在も生き延びている。
 
人間は、動物の中でも

「暑さにめっぽう強い」

弱点は、寒さである。

皮膚のセンサーは

「寒さ」を監視している。

体温を維持するために、

食事をとっている。

 

局所不快の4要素

1.気流感 

2.空気の上下温度差 

3.床表面温度 

4.放射温度の不均等とのこと。

 

私が思う不快感では、

空気の上下温度差と

床表面温度を説明しますね。

天井の温度上限は

+7度以内に納める。

これ以上になると

最大の不快要因になります。

冷たい窓は2番目の不快要因で、

室温の-13℃以内になる

サッシでの施工が好ましい。

 

それではこの猛暑の中、

エアコンの乾球温度と

相対湿度の設定で

より省エネなのは、


26℃で相対湿度70%

(再熱利用での除湿なし)です。

27℃の再熱利用除湿で

50%の方が熱負荷がかかります。

皆さんなるべく 

冷房運転で室内を冷やしてくださいね。

また、夏の太陽は

12時で72度の真上にあります。

屋根断熱をおろそかにすると、

天井付近の温度が上昇し

無理やり低温冷房をしても

顔廻りは熱く、足元ばかり冷える

不快感と莫大な光熱費もかかります。

それと怖いのは、

低い高さから直撃してくる

真東からの「朝日」と

真西からの「夕日」です。

特に夕日は室温を急上昇させる

エネルギーを持っています。

窓のそとで遮蔽し

室内側もハニカムブラインドなどを

特に、お勧めします。

 

少しの知恵を持つことで

快適に、省エネで

過ごしていただきたいと思います。

 

立山 誠也