スタッフブログ

断熱って何?① 2019,11/28

 

断熱は服に例えると

わかりやすくなります。

簡単に言うと、

『どれだけ厚着をしているか?』

ということ。

服の厚さが断熱材の厚さに相当します。

また、同じ厚さでも

服の中に入っているのが

綿なのかダウンなのかによって

暖かさが違いますよね。

そのことから、

「暖かさというのは

厚さだけで決まるものでも

素材だけで決まるものでもない。

暑さと素材の両方で決まります。」

 

住宅には、

窓、外壁、換気、屋根、床の

それぞれの部位において

理想的な暑さと素材の断熱材が

必要です。

それと同時にそれぞれの部位の

バランスも取れていないと

「お金はかけているのに暖かくない」

ということになります。

 

衣服で考えれば

これほど当たり前のことを、

実は大半の設計者が理解できていない

という現実があります。

服の場合、毎日着替えることにより

実験を積み重ねています。

また、寒がりの人は一般的な人よりも

しっかりと防寒対策をされていますよね。

ところが住宅の場合、

一度つくってしまうと

「着替える」

ということができないため、

設計者も

「どの服を着たら

どのくらい暖かいのか(寒いのか)」

「どの程度断熱すれば暖かいのか」

ということがはっきりと

つかめていない。

これが実態です。

日本は断熱後進国。

プロに任せれば良い環境が

必ず手に入るものではない

 

勉強会はより詳しくお伝えしています♬

お家のことを沢山知ってから

建てたほうが安心ですよね(*^^*)

気密って何?② 2019,11/21

高断熱の住宅が

夏涼しくなるためには、

庇(ひさし)などで

日射遮蔽(にっしゃしゃへい)

きちんとできていることが

重要です。

 

※MZ様邸参照

 

日射遮蔽とは、

窓から侵入する日差しを

さえぎることです。

日射が窓を透過すると

室内の壁・床の

表面温度や室温が

上昇するので、

夏場はいかに

外で日射を防ぐか

が重要です。

逆に、

冬場はいかに取り入れるか

(日射取得)が重要です。

これができている

高断熱住宅は

本当に涼しく快適です。

逆に、

日射遮蔽ができていないと

熱がこもってしまい、

暑い住宅に

なってしまいます。

 

これを一番

イメージしやすいのが

洞窟です。

夏の洞窟は

奥に行くほど

(=断熱性能が

高くなるほど)

涼しくなります。

これは

奥に行くほど

断熱性能が高くなる

にもかかわらず、

内部に発熱するものが

ないからです。

一方、

地下鉄は地下の洞窟

とも言えるものなのに、

あまり涼しくありません。

それは、

地下鉄自身、

照明器具やたくさんの人が

大きな熱を

発しているからです。

 

そして、もうひとつ!

重要なポイントがあります。

今の新築住宅には

24時間換気

義務化されています。

 

 

右の図のように

排気用のファンを回せば、

部屋の自然給気口から

新鮮な空気が

入ってくるはずですが、

気密性能が悪い家だと、

左の図のように

掃除機やストローの

管の途中に穴が

空いていたら

ちゃんと吸えないのと同じで

空気が流れてはくれません。

 

だからこそ、

高断熱・高気密は

とても大事なんです。

 

ご予約はこちらから >> Click

気密って何?① 2019,11/18

気密を

身近なもので

分かりやすく例えるなら、

ダウンジャケットの

ナイロン生地とファスナーです

首、手首の締まり具合を

調節することで、

隙間から暖かい空気を

逃げにくくするのがファスナー。

もう一つは、

ダウンの内側と外側を覆う

きっちりとしたビニールのような

素材の生地。

たとえ素材と厚さが

しっかりしている

ダウンを使っていても、

そもそもダウンだけでは、

風が面を通り抜けて

スースーして

全然暖かくありません。

このように暖かい空気が

面を通り抜けにくくすることも

気密の役割です。

 

皆さんは、

普段のお家での生活で

こんな経験したことは

ありませんか?

 

『頭は暑いのに、

足元は寒い。。。』

 

実は、この現象も

気密が大いに関係しています。

 

暖かい空気が上に行く分だけ、

下から冷気を引き込んでいるから

なのです。

足元が寒いからといって、

暖房を強くすればするほど

足元にはより多くの

冷気が引き込まれる・・・

こんな悪循環が

起こってしまいます。

 

以前、

勉強会に参加して頂いた方から

こんなご質問を頂きました。

「高断熱・高気密と聞いたら

冬は暖かそうだけど、

夏は暑くないの?」

実は、私も入社した当初は

同じ疑問を抱きました。

服で例えたとき、

夏にダウンジャケットを着ると

体に密着しているので

そのままだと

当然暑くなってしまいますよね。

しかし、住宅の断熱材と

(外壁と屋根の中に入っています)

体の間には

かなりの隙間があります。

これが、夏

暑くならないどころか

涼しくなるポイントに

なるんです。

 

ご予約はこちらから >> Click

 

 

 

 

日常に潜むリスク 2019,11/15

昔と違い、今の生活は

より安全、より安心を求めて

変化し続けるでしょう。

経験的にしか

安全を考えられなかった頃と異なり、

いま、私たちは格段に安全な

世の中を生きています。

しかしながら、

100%安全というわけではなく

災いがいきなり降りかかってくることは

決して皆無ではありません。

 

【シックハウス。ダニやカビ】

住まいのリスクといえば、

なんといっても空気質でしょう。

90年代に社会的問題になった

シックハウス症候群

新築や改修後の住宅内で起きる

体調不良のことです。

その原因は、接着剤や塗料に含まれる

ホルムアルデヒドなどの有機溶剤の他、

カビや微生物です。

2003年に建築基準法で原因物質の一つの

ホルムアルデヒドの低減対策が

義務付けられました。

それ以降、問題の程度はかつてに比べると

相当小さくなったと思います。

 

対照的にダニやカビといった微生物による

健康被害が増えています。

東日本大震災の仮設住宅でも、

ダニによるぜんそく被害が

多発していることが報告されています。

「あたらしい 家づくりの本」から。

 

これからの時期、

乾燥が気になりますよね?

加湿器は必須!という方も多いのでは?

そんな時こそ快適に過ごしたいですよね。

性能のいいお家は季節問わず

快適に過ごせるんです♬

なぜだと思いますか?

続きは勉強会で(*´▽`*)

ご予約はこちらから >> Click

 

低温は万病のもと 2019,11/12

最近、朝晩の冷え込みで

体調を崩される方も多いのではないでしょうか。

 

では、この日本で

低温の影響を受けて亡くなっている人は

どれくらいいると思いますか?

 

消費者庁の発表では、

2015年にお風呂場で亡くなった人は

4866人に上り、10年前の

1.7倍に増えています。

しかしこの数字は救急車が到着した時に

お風呂場で亡くなっていた人のみであり、

お風呂場で倒れて病院に搬送された後に

亡くなった方人の数は含まれていません。

これを含めると1万7000人になると

推定結果の報告があります。

 

 

冬期の低温を受ける場所は、

お風呂場だけではありません。

影響を受ける症状は、心臓発作や

脳梗塞といった血液の流れに関するもの

(循環器系疾患と呼びます)

だけではないのです。

様々な症状によってなくなる人は

冬期に増加します。

これらを推計すると、わが国では

12万人という数字になります。

 

前のブログでお伝えした

ダニ・カビアレルギー、

熱中症、あるいは地震や火災は

起きるたびに大きな話題になりますが

そのリスクは低温の影響とは

比較にならないレベルだったのです。

[あたらしい家づくりの教科書]より

 

『ヒートショック』も

ひとつの事例ですが

私たちの暮らしにおけるリスクは

それだけではないことを

知って頂けましたでしょうか?

 

『もっと詳しく聞きたい!』

『ん?ここが少し分からないな~』

という方はお問い合わせから

お気軽にご連絡ください(*^^*)

ご予約はこちらから >> Click

 

南の風が見える家 気密測定 2019,11/8

先日、南の風が見える家の

気密測定を行いました!

結果はC値=0.1!

家全体で4cm弱程しか

隙間がありません✨

0に近いほど、

気密性が高いお家と言えます。

 

気密測定とは、

家の中にどれだけの隙間が

空いているかを

調べることです⋆。˚✩ ・

この測定は義務付られている

わけではありません。

 

それなのに

なぜ、

わざわざ気密測定をするのか?

 

それは、

高性能な家には気密が

必要不可欠なものだからです!

 

気密がないと、、、

(家が隙間だらけだと)

 

①冬になると

たくさんの隙間から

すきま風が入って、

暖められた空気も

隙間から出ていってしまい

いつまで経っても

快適にはなりません。 

 

②しっかりと計画換気が出来ず、

結露、におい、よどみが

発生します。 

 

③結露が壁の中に入っていくと、

壁内結露が起きて

家の傷みの原因にも繋がります。 

 

④花粉やホコリ、

虫などの侵入を許してしまう。

 

などなど、

お家にとって

気密はとっても大事なのです。

OH様 設計ヒアリング 2019,11/5

土曜日は、

OH様の設計ヒアリングでした✧*̣̩⋆̩

終始、和やかな打合せで

笑いっぱなしの

楽しい時間を過ごさせていただきました( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

次回はいよいよプレゼンです!

模型も楽しみですね୨୧⑅*

建てる前のこだわり、建てた後のがっかり 2019,11/2

新しい家を買うとき、

建てるときはいろんなことを

考えますよね。

敷地の場所だったり、

建物の広さ、

そしてお金のやりくりで

頭がいっぱいになってしまいますが、

せっかくの新しい住まい。

お家そのものに満足できるように、

しっかりと考えておきたいですよね。

 

こちらの図は、

関東近郊で2009年~2014年度の間に

新しく家を購入した人を対象に

居住後の満足度についてのアンケートの結果です。

 

この図で分かったことが4つあります!

 

その①

[間取り?自然光?デザイン?耐震?

目に見えることは

建てた後も満足度が高い]

 

その②

[目に見えないから後回し?

『室内温熱環境』は期待とは

裏腹な結果になりがち]

 

その③

[快適で省エネな家は注文しても

手に入らない!?

設計者や工務店選びがとても大事]

残念ながら、全ての設計者や施工者が

ちゃんとした設計・施工ができないのが

現実です。

プロに言うだけでは不十分。

ちょっと勉強して、確実に

快適で省エネなお家を手に入れたくないですか?

 

その④

[今の家がそんなに不満じゃない人、

要注意!

省エネな家、技術はどんどん進化中]

今の家がそんなに寒くない。

実はそんな人が

一番注意が必要です。

[あたらしい家づくりの教科書]より

 

詳しくは、勉強会で説明させて頂いております♬

ご予約お待ちしております✨

ご予約はこちらから >> Click

 

ND様邸 竣工 2019,10/21

 

ND様邸 竣工しました✩.*˚

26日にお引渡しです☼

外観の2色のコントラストに

赤色の玄関ドアが

アクセントになっていますね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )♡

奥様ご要望のアーチ型の仕切りや

全体をグレー色でまとめた所も

ご夫婦の好みに合わせたデザインに

なっています೨̣̥*♪

南の風が見える家 基礎断熱 2019,10/7


先日、基礎断熱を施工した写真です✩

立山建設の標準性能から

グレードアップした

超高性能仕様です✧*̣̩⋆̩

ちなみに燃費ナビにより算出された

UA値は0.276でした!

10日には建て方を予定しています☼

楽しみですね♪