スタッフブログ: 7月 2017

ON様から。。。 2017,7/29

 

すいかを頂きました🍉!

社員で美味しく頂きました(*´▽`*)

 

 

ON様、お心遣いありがとうございます✨

とっても美味しかったです(≧◇≦)🎵

 

 

 

 

 

 

住まいと美容の深い関係 その② 2017,7/27

 

前回のブログの続きから🎵

 

夜寝る前と朝起きた後で、

肌の含水率を測定して分かったことが、

夏、私たちの肌は、就寝中に乾燥します。

寝る前より起きた後のほうが

含水率が下がっているのです。

ところが冬は逆に、就寝中は湿潤します。

これは日中の状態とも関連があり、

昼間に外気からされされることの多い肌は

乾燥するため、夜間に身体から水分を

補っていると考えられます。

保湿クリームは肌の湿潤維持に

最も効果が高く、これによって

1日の含水率変動は抑えられます。

 

<気密の低い家では

加湿器も役に立たないどころか、

押入れのカビの原因に!>

肌の湿潤状態を維持するために

加湿器を使用することが多いようですが、

残念ながら古いお家は隙間が多く、

加湿した水蒸気は

部屋の湿度を上げる前にほかの場所へ

行ってしまうため、乾燥対策には

あまり有効ではありません。

肌を整えるつもりが、

別の部屋の押入れの衣類にカビを生えさせていた

ということはよくある話です。

加湿器を使用する場合は、

使っている部屋だけではなく、

屋内全体で湿りがひどくなってないか

確認することが大切です。

省エネを目的とする高断熱・高気密住宅では

湿度の制御も簡単になるため

皮膚の調子もよくなり、

肌も整えやすくなる可能性が

示されています。

 

ご予約はこちらから >> Click

 

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!

住まいと美容の深い関係 2017,7/25

 

これは、私たちの「健康」

そのものに関係する話ですが、

例えば、おなかの調子が悪くなると

人の気が弱くなります。

弱気になると、顔つき、見かけも

少しみすぼらしくなる、

といった関係です。

 

研究者の間では、

腸・脳・皮膚相関と言います。

腸内フローラが話題ですが、

私たちの体には、

腸の1千兆、皮膚の1兆を含め、

人体を構成する細胞より多くの細菌が

共棲しています。

この共棲細菌たち私たちの健康維持に

大きな役割を持っていることが

分かりました。

 

コラーゲンは、経口摂取は実際には

ほとんど意味がないとも言われていますが、

内臓を整えることで、精神状態が正され、

それによって皮膚の状態もよくなり、

結果、張りのあるつやつやしたお肌になる、

という繋がりがあるそうです。

 

外見の美には肌のコンディションが

大きく作用するのですが、

肌のみずみずしさは、

皮膚の含水率で決まります。

冬期は、空気が乾燥するため、

皮膚からの蒸発が多くなり、

肌も乾燥するわけです。

 

どれくらいの湿度で皮膚は乾燥するのか?

これを研究した事例では、

私たちの肌の状態と周囲湿度環境に

密接な関係があること、さらに意外なことに

お肌の状態と血圧も

関係している可能性が示されています。

 

この続きは、次回お伝えいたします♪

ご予約はこちらから >> Click

 

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!

 

 

一寸法師 🐟 2017,7/24

 

おはようございます!

企画担当の富田です♬

 

気づいたら6日間もブログを更新

していませんでした( ;∀;)

申し訳ございません( ;∀;)

 

お客様とのお打合せなどで

充実した日々を

送らせていただいておりました(´ω`*)

今月は初めてお会いできた方も多く

大変うれしく思っております( *´艸`)

 

そして、日曜日はお休みをいただいて

菊鹿の「一寸法師」という

釣り堀屋さんに行ってきました\(^o^)/

 

釣り堀は小学生以来していなかったので

ドキドキワクワクでした🎣

 

ヤマメとマスの2種類あって、

私はヤマメ釣りの場所へ!!

 

餌を付けて準備完了!

小学生の時を思い出して

餌にかかるまでじっと待ちます。。。

 

じっと待ちます。。。

 

じっと待ちます。。。

 

あれ?全然かからなΣ(゚Д゚)!!

なぜだ?(笑)

 

どうやら

お腹が空いていないみたいでした。

 

違う場所に移動して再チャレンジ!

 

すると、

竿に引っかかった感触が!!

 

ようやく一匹ゲットしました🎵

一匹釣れて喜んでいたら

隣のおじちゃんは一人で

10匹以上釣っていてビックリΣ(゚Д゚)

20匹が目標とおっしゃっていました(笑)

 

釣ったヤマメはお店の方に

お刺身・塩焼き・から揚げに

してくださいました(^ω^)

 

今回も釣りに集中しすぎて

釣りの写真を撮るのを忘れていました、、、

 

夏休みに突入した為、

釣り堀も沢山の家族連れの方が

いらっしゃいました(*´▽`*)

 

暑い夏も釣り堀で吹き飛ばせそうです(^^♪

 

今回行った一寸法師さんは

料理も美味しくておすすめです✨

ただし休みの日は混雑が予想されますので

ご利用いただけない場合があるそうです。

ホームページ

 

パッシブハウスとは? その② 2017,7/18

 

前回のブログ

パッシブハウスとはどんなものか

簡単にご説明いたしました♫

 

では今回は、

環境先進国であるドイツやフランスのお家と

日本のお家の違いについて

お伝えいたします(*´▽`*)

 

「日本の家は寒すぎる」

日本に来る外国人はよく言います。

でも実は、

パリやベルリンやロンドンも、

北海道よりも北にあるのです。

あたたかいはずの日本、なのに家は寒い。

そして一方で、夏の家は暑すぎる。

なぜでしょう?

その理由は、

「家の燃費」と「ヤセ我慢」にあったのです。

 

快適ってなんでしょう。

寒い冬に家に帰れば、しっとり暖かい。

暑い夏に家に帰れば、カラっと涼しい。

そんな快適のために、

日本の家では冷暖房が一年中、活躍しています。

ですが実は日本の家、

せっかく暖めた冬の室内の熱は、すぐに外に漏れていき、

せっかく冷やした夏の室内には、外の熱気が攻めてくる。

そんな構造になっているのです。

それはまるで、お風呂に温かいお湯をせっせと貯めながら、

栓を開けっ放しにするようなもの。

実は日本の家、とっても「燃費が悪い」のです。

では、海外の家はどうでしょう。

環境先進国であるドイツやフランス、そしてイギリス。

みんな熱の出入りには相当うるさいのです。

窓ガラスは二重、もしくは三重、断熱材で厚い壁、

屋根、床。それがあたり前。窓の性能は、

おとなり中国より低いのが日本の現状。

実は世界的に、かなり、遅れをとっているのが、

日本の家だったりします。

『日本の家は30年遅れています』

だからこそ、

日本のお家を世界基準に近づけようと

立ち上がったのが

<パッシブハウスジャパン>です!

パッシブハウスジャパンについて

 

ご予約はこちらから >> Click

 

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!

 

 

パッシブハウスとは? 2017,7/16

 

おはようございます☀

企画担当の富田です\(^o^)/

 

最近は、パッシブハウスについての

お問い合わせを多くいただいております✨

 

皆さんは

『パッシブハウス』ってご存知ですか?

 

あまり聞きなれた言葉ではないので

ピンとくる方は多くないかと思います。

 

では、今回は

『パッシブハウス』について

お話いたします(*´▽`*)

 

『パッシブハウス』とは、簡単に言うと

エコで、快適で、美しい、超省エネ住宅です!

 

住宅購入者の不満項目のランキングを

ご覧ください⇩

1位 暑い

2位 寒い

3位 結露

 

皆さん、毎年この季節だと

家の中はクーラーをつけないと

暑くてやってられないですよね(´;ω;`)

冬になると今度は寒くて

朝、ベットから出たくなかったり、、、

 

皆さん1度は感じたことがありますよね?

 

「夏涼しくて、冬暖かい家が良いな~。」

パッシブハウスなら叶えられます!!

 

「でも、その分光熱費がかかるんでしょ?」

確かに、今までのお家はそうでした。

毎日、冷房や暖房をガンガン効かせていた時期は

そりゃもう光熱費が跳ね上がってしまいます。

でも、パッシブハウスは真逆です!!

 

今よりも快適だけど、今よりも省エネ

なんといってもこれが、

パッシブハウスの最大のウリなのです!

 

では次回は、

環境先進国であるドイツやフランスのお家と

日本のお家にはどのような違いがあるのか

お伝えいたします♪

 

ご予約はこちらから >> Click

 

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!

 

 

 

 

 

 

ジブンハウス モデル🎵 2017,7/13

 

こんにちは(^O^)/

企画担当の富田です♬

 

今日は、現在着工中の

ジブンハウスのモデルの途中経過を

ご報告いたします(=゚ω゚)ノ

 

 

 

基礎工事が始まりました✨

 

完成まで随時報告していきますね(*´▽`*)

 

ジブンハウスって?

 

ご予約はこちらから >> Click

 

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!

 

 

ハウスコンシェルジュ🍀 2017,7/11

 

おはようございます☀

企画担当の富田です\(^o^)/

 

昨日は、社長が出演している

FMKラジオ『ハウスコンシェルジュ

の放送日でした🎵

 

今回のテーマは「地盤調査」でした!

地盤調査とは、

建物を建てる際に必要な地盤の

性質の把握などを目的として、

地盤を調査することです。

この調査をすることによって、

地盤強度などが判明し、

設計を行い構造物が施工できるようになります。

軟弱地盤だった場合は地盤改良が必要になります。

 

地盤調査の方法もいくつかあり、

住宅の場合、一般的には

スウェーデン式サウンディング試験が

採用されています(^ω^)

測定箇所は、

建築予定の建物の四隅と中央です。

建物の中央は、建物の対角線の長い方の

2分の1の箇所になります。

ですから、地盤調査をする時には、

建物の形状と配置が決まっていなければなりません。

 

今は、瑕疵保証といって

住宅瑕疵担保履行法により定められた

新築住宅を購入する消費者を守る保険があり、

地盤調査をしっかりすることによって

その保証も受けられます✨

※瑕疵保証とは・・・

新築住宅に万が一

10年以内に不具合(かし)が発生した場合

確実に補修が行われる保証です。

例えば、「建てて3年目に雨漏れがした!」

という時にも、この瑕疵保証が適応になり

無料で補修を行います。

 

なので、地盤調査を行うことは

とても大切です!

 

毎週月曜日 午後3時~

FMKラジオ 『ハウスコンシェルジュ

ぜひご試聴ください(*^^*)

 

山鹿で有名な灯篭もなかと一緒に📷✨

 

ご予約はこちらから >> Click

 

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!

 

 

祝☆ON様邸 地鎮祭! 2017,7/10

 

こんにちは(^O^)/

企画担当の富田です♬

 

さて先日は、

ON様邸の地鎮祭が行われました!

 

地鎮祭って?

地鎮祭とは、

土木工事を行う際や建物を建てる際に、

神様に工事の無事や安全と

建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

 

実際にどんなことをするかというと、

1. 修跋の儀 (しゅうばつのぎ、しゅばつのぎ)

まずは祭壇、土地、参列者をお浄めします。

2. 降神の儀 (こうしんのぎ)

神様をお迎えします。

3. 献饌 (けんせん)

神様に祈りの詞をささげます。

5. 切麻散米(きりぬささんまい)

神職が工事を行う土地を清めます。

6. 地鎮の儀 (じちんのぎ)

その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」、
初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」、
初めて土をならず「土均(つちならし)」を行います。
最後に神職が鎮め物を納めます。

お施主様・設計・施工会社に振り分けることが多いです。

お施主様が「鍬」

施工会社が「鋤」をもちます。

7. 玉串奉奠 (たまぐしほうてん

・玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは

神前に玉串を捧げること、謹んで供えることを言います。

※玉串とは、榊(さかき)などの常緑樹の小枝に、

紙のヌサ(幣)と言われるもの、

または木綿(ユウと言われるもの)をつけ、

神前に供えるものです。

8. 撤饌 (てっせん)

お供え物をお下げします。

9. 昇神の儀 (しょうじんのぎ)

神様にお帰りいただきます。

10. 閉式の辞(へいしきのじ)

11. 神酒拝戴 (しんしゅはいたい)

お神酒をいただきます。

供え物のお神酒や神饌をいただくという意味で

「直会(なおらい)の儀」とも言います。

という流れで

無事に地鎮祭を行う事ができました(*^^*)✨

 

ON様ファミリーへ🌟

このたびは地鎮祭の儀、

本当におめでとうございます( *´艸`)

今月末からいよいよ着工致します!

これからもよろしくお願いいたします✨

 

また、工事期間中は近隣の皆様に

ご迷惑をお掛けすることになりますが

ご協力を何卒宜しくお願い致します。

 

家は外より3倍キケン その② 2017,7/7

 

前回のブログ

時代の変化で

夏よりも冬に亡くなる方の割合が

多くなり、冬に最も多く亡くなって

いることが分かりました。

 

では、今回は

なぜ、家は外より3倍もキケンなのか

考えていきましょう。

 

事故といえば、

交通事故が真っ先に頭に浮かびます。

一時期は年間1万8,000人を超えていた

交通事故死亡者ですが、幸いなことに

年々減少しつづけています。

全日本交通安全協会によれば、

2015年には、4,113人まで減少。

今後、自動運転車が実用化、普及すると

この数はさらに千人台まで

低下すると予測されているようです。

 

ところが手放しで喜ぶことはできません。

むしろ深刻になっていることがあります。

家庭内の不慮の事故で亡くなる方は、

交通事故死亡者の減少とは逆に、

大幅に増加しています。

年間1万人ちょっと

という頃もありましたが、現在は

1万5,000人弱まで増えています。

 

交通事故で亡くなる方の、

じつに3倍以上の人が

お家の中の事故で

亡くなっているのです。

 

 

ところが私たちは、家の中の方が

安全だと信じ切っています。

その証が、

「いってらっしゃい、気を付けて」

の言葉です。

 

誰もがごく自然に使っていますが、

リスクの実態をふまえると、

これほど

不適切な表現はありません。

統計データからは、

「おかえりなさい、気を付けて」

正しいことが分かります。

 

日本の死亡率季節感変動は、

欧州各国と比べると大きく

同じような気候のフランスよりも

大きくなっています。

危ないのは、寒冷地よりも

住宅の寒さ対策が遅れているエリア

ということが分かります。

このようなことをしっかりと

見つめなおして、

冬のリスクに備えた住まいづくりが

いま、最も大切だと思います。

 

ご予約はこちらから >> Click

 

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!