健康リスクとコスト① 2017,9/7

 

私たちの健康な生活に必須の

医療関係のコストについて、

1990年と2010年で比較すると、

歯科はほとんど変わっていませんが、

外来診療は3.7兆円、入院費と調剤関係は

それぞれ5兆円増加しています。

困ったときのお医者頼み、薬頼みの姿勢が

見事に表れています。

5兆円という多額のお金を私たちは

長寿のために使っているといえます。

 

しかしながら、長寿と健康は異なります。

健康寿命と平均寿命の差を厚生労働省は

「不健康な期間」と言っていますが、

この期間を見ると、わが国は11年を

超えるのに対し、

欧米各国は7年から8年程度です。

私たちは健康なまま

長生きしているわけではないことが

分かります。

※健康寿命とは、介護などが不要で

健康で自立した生活ができる期間のことです。

 

なぜ欧米各国と日本では

「不健康な期間の差」があると思いますか?

 

次回、その理由をお伝えします♬

 

ご予約はこちらから >> Click

熊本で唯一

パッシブハウスジャパン賛助会員に認定されました!