南の風が見える家 気密測定 2019,11/8

先日、南の風が見える家の

気密測定を行いました!

結果はC値=0.1!

家全体で4cm弱程しか

隙間がありません✨

0に近いほど、

気密性が高いお家と言えます。

 

気密測定とは、

家の中にどれだけの隙間が

空いているかを

調べることです⋆。˚✩ ・

この測定は義務付られている

わけではありません。

 

それなのに

なぜ、

わざわざ気密測定をするのか?

 

それは、

高性能な家には気密が

必要不可欠なものだからです!

 

気密がないと、、、

(家が隙間だらけだと)

 

①冬になると

たくさんの隙間から

すきま風が入って、

暖められた空気も

隙間から出ていってしまい

いつまで経っても

快適にはなりません。 

 

②しっかりと計画換気が出来ず、

結露、におい、よどみが

発生します。 

 

③結露が壁の中に入っていくと、

壁内結露が起きて

家の傷みの原因にも繋がります。 

 

④花粉やホコリ、

虫などの侵入を許してしまう。

 

などなど、

お家にとって

気密はとっても大事なのです。